実績

HOME > 実績 > マルチクライアント調査

マルチクライアント調査

■No.827(2019年6月)
CASEで変わるEMC・ノイズ対策関連部品のこれからを読む-電磁波吸収・シールド材料市場の現状と将来展望 2019年-   

  案内

■No.799(2018年11月)
メディカルの将来を予測した機能性プラスチックの分野別実用化動向と将来展望(資料集)   

  案内

■No.784(2018年7月)
EV化を支えるモータ、インバータ技術の多角的分析
 —小型・高性能化、機電一体化、インホイールモータ化と材料技術の接点及び異分野メーカーの当該テーマ進出戦略を巡る先駆的調査—

  案内

No.7832018年6月)
次世代高速・大容量伝送市場と対応材料技術展望 
 -高周波対応材料の市場展開に於ける真の課題に迫るー 

  案内

No.7652017年12月)
ECUの進化を支える主要部品と構成材料に関する技術・市場動向 
 -開発の方向性を見据えたハウジング、コネクタ、回路基板、回路部品、車載ネットワークなどの高度化と機能材料の接点をめぐる戦略的-

  案内

No.7472017年7月)
CFRP/CFRTPの全体像と分野別 用途 ・技術動向から見た将来展望(資料集)

  案内

No.7452017年5月)
スーパーエンプラに関するビッグテーマの行方と市場拡大の戦略分析 
 ―テイクオフ直前のPEEKと類似樹脂の近況、玉不足が続くポリエーテル系(PPSF、PEI)の今後と乱戦を制するPPSの狙い、多様化する耐熱PAの着地点、高周波対応で脚光を浴びるLCPの勝算などを巡る的考察―

  案内

 No.7272017年1月)
自動運転を支える有望樹脂材料とセンサー・通信技術に関するニーズと市場動向
 ―透明、耐熱、放熱、高周波(通信)、シールド、軽量化技術・材料から高性能センシングモジュール拡大の条件に迫る―

   案内

No.6752015年10月)
高付加価値微粒子の特定と市場動向調査
 -(1)既存微粒子(2)新素材微粒子(3)安全性の三つのカテゴリーから見た10年後の微粒子市場ー

   案内

 
No.6642015年10月)
機能性ペーストの技術革新と用途・市場展望
 -高付加価値ペーストの実用化動向に迫る多角的調査ー

  案内

 
No.6612015年10月)
スーパーエンプラの新規用途の行方と有力モルダーの需要分析調査

   案内

 
No.6242014年3月)
次世代各種自動車の主要部品と材料技術に関する実用化動向調査  改訂版・追加考察
 -世界的多様化傾向と材料技術の共通的優先課題分析-

   案内

 
No.6232014年3月)
放熱材料の全容と用途別市場展望
 -高熱伝導性樹脂調査から5年後の多角的先駆的考察と補足-

   案内

 
No.6142014年3月)
放熱材料の全容と用途別市場展望
 -高熱伝導性樹脂調査から5年後の多角的先駆的考察-

   案内

 
No.5682012年3月)
次世代各種自動車の主要部品と材料技術に関する実用化動向調査     
 -HEV,EVの進化と新旧部品及びFCVへの期待と課題 ―

   案内

 
No.5022010年1月)
5年後の機能性樹脂コンパウンド市場(用途)探索とビジネスモデル展望 
 ―導電性、誘電性、熱伝導性樹脂コンパウンドと工業用バイオプラスチックの多角的考察と ビジネス展開の方向性ー

   案内